介護営業

介護ビジネスをはじめよう

介護ビジネスへの切り口

介護という実際の需要に支えられ、そして高齢者割合の増大により、介護ビジネスはどんどん市場を大きくしています。これは食糧需給率の低下による農業ビジネスにも関連しています。農業ビジネスも現在注目されているビジネスプランと言えます。
介護ビジネスを見ていく場合に、問題となってくるところは介護における営業方針です。

実際の求める声は社会全体から湧き上がっている。しかも、65歳以上の高齢者が4人に1人となる社会構造も将来的には、想定されている。そうなれば、介護営業にどのように飛び込み、ビジネスを進めていくかがキーとなります。
地元密着の建設業が介護ビジネスに参入する場合には、建設の知識、ノウハウ、人材をうまく利用することが大切です。どの業種でもそうですが、今までのノウハウを再利用し、分野を絞って取り組みを続けることが成功の近道です。建設業介護営業する部分で、特化できるとすれば介護リフォームでしょう。

もっと詳しく知りたい>>

建設業の新しい姿

「建設と介護の融合」というキーワードを先ほど言いましたが、ここにこそ建設業の新しいスタイルがあると私どもは考えています。
では、実際の営業の切り口はどのようにおこない、どのようにビジネスプランを作成していくのか?
いくら介護の需要が多く、リフォームの市場が注目されているからと言って、高齢者の住むお宅へどんどん営業をかけて成果は期待できるでしょうか?
どこの町でおこなえば成果が期待できるでしょうか?
ライバル会社はどの分野にチカラを入れているのでしょうか?
何もないままに参入することは当然、危険です。

介護市場の広がりから介護営業に安易に参入し、倒産している企業の方も多いです。
介護報酬や人材の面で壁にぶつかる企業が多くなっているのです。
地元の密着の建設業の方は、今後どのようにして介護と向き合っていけばいいのでしょうか?
そこにスポットを置いたビジネスが私どもの建設業向けビジネスコンサルティングです。市の人口割合、高齢者の実際の数、介護施設の数など、あらゆる面から介護環境を研究します。もちろんそこから推測される売上げ、人材など。この下地をしっかりと把握して、ビジネスプランを計画していくことから介護営業の推進がはじまります。
そして、介護用品レンタルという、一気に大きな売上げとは言えませんが一番大切なサポートできる介護用品をたくさんの人に届け、地元密着である建設業の企業ブランドを確立させていきます。

あるデータで住宅リフォームにおいて、利用者の9割程度の人がリフォーム会社に対して何らかの不安を持っているという数字があります。リフォーム金額の大きさと住宅のことなので神経質に誰しもがなっているのです。
あなたも家のことをお願いする場合に、数万円の違いなら知っている会社と知らない会社なら、知っている会社に頼むはずです。それが一流企業として知っている会社の場合や地元で何十年建設業をしている場合もどちらであり得ることです。
この実際の声を考えると地元密着型建設業に有利になるポイントが介護リフォームには存在します。そして、介護用品レンタル業から介護ビジネスに参入し、介護保険や介護用品の知識を蓄え、ケアマネージャーの信頼を受けて、そして地域に根付いた営業方針で介護ビジネスを歩んでいけばいいのです。

もっと詳しく知りたい>>

地元での信頼が営業につながる

地元の利を活かし、建設業の今までのノウハウ活かし、介護という新しい分野で介護リフォームを成熟させる。これが私たちの考えている、そして実践している介護リフォームの将来です。
この実際の需要に求められているビジネスには、営業における地元の利がどうしても必要になるのです。これは簡単に理解いただけると思います。今までの地域に貢献した営業実績が非常に大きく跳ね返ってくるところなのです。

私たち、Kanekuコーポレーションは介護における多くのデータを分析し、情報を共有し、新しいビジネスプランを歩んでいく営業スタイルを進めています。 介護営業市場の広がりと、それにともなう介護事業の倒産。
簡単には新規参入は危険です。しかし、ともに情報を共有し新しい建設業の未来を支えていける営業スタイルを完成させていきましょう。
そこには地元に密着した建設業の信頼と人へのサポートが合わさってできることです。

もっと詳しく知りたい>>

介護ビジネスでこれからの介護業界と建設業界を結ぶ

▲このページの先頭へ

カネ九コーポレーション|介護ビジネス