介護業界現状

介護ビジネスをはじめよう

在宅介護が負担大

日本の高齢化はすでに進んでいるが、世界でも稀に見る超高齢化社会へこれから進もうとしている。この高齢者の増加にともない、介護業界は需要を増し、本格的な介護サービスの確立を求められていると言える。
しかし、人材の問題がいつも介護業界にはつきまとっています。施設介護の不足により、改めて取り上げられている在宅介護。この在宅介護への支援体制も介護業界に求められていることである。
体力仕事である介護の仕事には、高い報酬を求める声と国が定める介護報酬が実勢報酬を下回っているというアンバランスさが存在します。もっと報酬を高く設定して、若い人材をひきこみ、これから市場がますます大きくなっていく介護分野への活力となってほしいのだが、ケア施設等の報酬は厳しく、なかなか人材が集まらないことがあります。

この人材育成の問題が続けば、在宅介護の負担は大きくなり、仕事を持つ介護をする側の負担がますます大きくなると言えます。在宅介護では、家族の誰かが介護をしなければいけない状況ができあがり、介護する人をもっと支援する仕組みが国や地方自治体の役割と言えます。

もっと詳しく知りたい>>

在宅介護の増大

拡大する高齢者は一体どうなるのか?2020年には65歳以上の人口が3600万人になると言われていますが、介護が必要な高齢者はこれからどこで介護を受ければいいのでしょうか?今後の高齢者にともなう介護施設の体制は全く整っていません。

介護施設は現状でも不足しており、国の介護に関する費用を抑えるためにおこなった総量規制により、介護施設が今後、建設しにくい世の中になっている。
100名程度の介護施設を新設するには、10億円以上の費用がかかります。
そして老人介護施設を建設するための助成金が設けられており、この助成金の負担が国の財政を圧迫するために国が認可をだせないのです。施設需要は高まっているわけですから、建設すれば入所したい、介護を求める高齢者はかなり多いはず、しかし、その国が認めないために施設が不足しているのです。総量規制と言いますが、国が財源のことを考えながら、施設の建設を許可しない現状のために必然的に施設は新設されなくなり施設不足となります。
介護施設が不足すれば、どこにも行けない人はどうなるのか?在宅介護という自然の流れになってしまうのです。日本の介護現状は施設不足により、在宅介護が増大する結果となります。誰もいない一軒家で独り暮らしをしている高齢者の数が年々増加し、孤独死などの問題も生まれているのです。

介護業界現状はまだまだ未発達で、これから大きく変革が求められています。また、人材問題とサポート体制にも大きな課題を持っていると言える。

もっと詳しく知りたい>>

介護する人を支援する介護業界の現状

介護保険の支給が膨らみ、このまま増え続ける介護保険に国はどこまで体力があるのでしょうか?現状では、介護する人を助ける支援策は、介護保険の支給やケアサービスの利用などで助けられている人は多いでしょう。また介護リフォーム助成金により、要介護者の自立支援に手すりの設置やトイレ環境整備などがおこなわれている。

介護業界を求める声は、年々高まっている。しかし、人材の確保や施設の場合には初期投資、介護リフォームの場合には受注の切り口や介護の知識などの問題が多く存在する。 簡単に参入できないところも介護業界の特性とも言える。
人と人とのつながりがある業界なのです。
まだ介護業界としてのインフラ整備が整ってないから、逆に参入することは簡単との見方もある。今になって遅いということはありません。まだまだ成長している現状なのです。
地域密着型の建設業の方とともにすすんでいる私どもの建設と介護の融合というハイブリッドビジネスですが、この介護業界の現状を受けて、まだまだ伸び代はあると考えています。介護用品レンタル業をおこない、介護用品と要介護者の方の意見や希望の声を聞き、自社のノウハウをどんどん蓄え、日常生活の信頼を得ていきます。
その毎日の積み重ねから起こる信頼が介護という人と人とのつながりには、非常に大切であり、コツコツと取り組んでいく部分です。
また建設業のノウハウを取り入れながら、介護リフォームの提案をしていく試みをして大きく介護ビジネスの成長をしていくことも可能なのです。
介護ビジネスは、未だに過渡期であると言える。
現状を打破するためには、これからも気候錯誤を繰り返し、新しいビジネスモデルにぶつかっていくことが大切である。

私どもの地域密着型の建設業とともに歩んでいくビジネスプランは、新たな建設業の形をつくっている介護を融合させた形です。新しいビジネスに向かって、現状を理解し、もっと学んでいく体制づくりが求められます。

もっと詳しく知りたい>>

介護ビジネスでこれからの介護業界と建設業界を結ぶ

▲このページの先頭へ

カネ九コーポレーション|介護ビジネス