介護補助金

介護ビジネスをはじめよう

介護ビジネスを支える補助金制度

近年、多くの介護需要に支えられ、新規参入の分野として注目されている介護産業。この中には、人材不足という問題を抱えており、またその原因となる報酬の問題も抱えているのである。介護ビジネスに参入すると、返済なしの補助金が認められている。中小企業の介護ビジネスへの参入に大きな光が見える補助金なのである。
しかし、申請手順をしっかりと守って申請しないと受けられない場合があるので、十分気をつけたい。
・介護基盤人材確保等助成金
新たにサービス提供する場合に特定労働者(下記)を雇い入れた場合に支給される。
改善計画期間内に措置することとされた雇用管理改善に関連する業務を担う人材として、保健医療サービス又は福祉サービスの提供に1年以上従事した経験を有し、かつ、社会福祉士、介護福祉士、介護職員基礎研修を修了した者、訪問介護員(1級)のいずれかの資格を有する者、又はサービス提供責任者としての実務経験が1年以上ある者です。ただし、1週間の所定労働時間が30時間未満の雇用保険一般被保険者を除きます。
・特定就職困難者雇用開発助成金
介護の現場は、男性の部分と女性ケアという部分で女性を雇用する場合の補助金を受けられる場合があります。平均寿命が女性の方が高齢のために女性をケアする人材が求められるのです。
高年齢者(60歳以上~65歳未満)、障害者等の就職困難者をハローワーク若しくは地方運輸局又は適正な運用を期すことのできる有料・無料職業紹介事業者若しくは無料船員職業紹介事業者の紹介により、新たに継続して雇用する労働者として雇い入れること
・介護未経験者確保等助成金
この助成金は、今までに全くの介護経験がない人を雇用する場合に、事業者が採用することで認められる助成金です。
・トライアル雇用奨励金
ハローワークにて、35歳未満の方、45~65歳の雇用保険受給資格者、母子家庭の母、障害者等を創業時にまだ一人前としては能力に適応していないが、試用期間を考慮して採用する場合に支給される補助金。

もっと詳しく知りたい>>

介護分野への参入

介護分野への成功は、人材の問題が付きまとう。女性の雇用を確保することがとても重要である。
介護士として資格保有者を確保し、実際の現場で経験をさせて育てていかないといけない。この場合に、補助金制度はとても強い味方となる。

平均寿命を見ても明らかだが、女性の高齢者の割合が多くなっている。女性のケアを女性に介護して欲しいのは当然の気持ちであると言える。この場合に、未経験者や高年齢者を採用して一人前に育てていく過程はとても長い道のりである。しかし、人材がいなくては介護の現場は成り立たない。
介護とは、人と人のサポートである。
もちろん、経験も非常に重要である。要介護者の状態は人それぞれである。要介護者の状況、家の間取り、身体的な特徴など、さまざまな要因があって、介護する側の経験が問われてくる。

介護には補助金制度があり、介護ビジネスを支える基盤作りされている。新規参入に対しての国のバックアップ体制は存在し、これからも介護ビジネスはこの補助金制度を通して、大きくなっていくだろう。
介護リフォームを考えると、介護の知識は非常に重要であり、経験による知識も重要となる。介護用品レンタル業という分野を長い間続けてきて、私たちが思うことがこの介護用品を見続けることである。介護用品を見て、そして実際に利用している姿を見て、要介護者に、ケアマネージャーに提案できる人材が育っていく。 介護は人と人であり、介護の課題は人である。
今後のケアプランも人による支援があり、補助金がその助けとなることが望ましい。

もっと詳しく知りたい>>

介護ビジネスでこれからの介護業界と建設業界を結ぶ

▲このページの先頭へ

カネ九コーポレーション|介護ビジネス